2008年4月30日水曜日

「フィクサー」を観る

GW真っ只中、満員の新宿武蔵野館で、「フィクサー」を観る。


結論から言っちゃうと、ま、良作だな、と。
素晴らしい作品でしたね。ホントに、今、ジョージ・クルーニーの動きからは、目が離せない、という感じで。


この作品の“売り文句”に、「『ボーン・アイデンティティ』シリーズの脚本家がこれで監督デビューする」というのありまして。「ジョージ・クルーニーが製作もやっている」というのと並んで。


で、いかにもシナリオ・ライターの人だなぁと思ったのが、セリフの多さですよね。特に前半、というか、導入部分なんだけど、とにかく、セリフの情報量が多い。
あと、これも冒頭部分からなんだけど、画面の画に、それとは別の所のセリフが被って挿入されている、というテクニックが多用されてるんですね。
画面の人物とは違う人間のセリフだったり、あと、長い“スピーチ”の途中に、それを練習してるシーンが入ったり、その為の服を着てるショットが映ったり、という感じで。
これは、字幕の場合、実は脳ミソの中が大変で、両方を追いかけないといけないんで。

ま、自分の書いたセリフに自信がある、ということなんでしょう。


ストーリーは、その、サスペンス劇としては、実はそんなに新しいこと、というか、びっくりするようなどんでん返しみたいのはないんだけど、しかし、最後までしっかり引っ張っていくのは、さすがという感じ。

“フィクサー”っていうのは、要するに「見えない所で仕事をする」みたいな言葉なんだけど、それが、ジョージ・クルーニーとは別に、もう一組居るって所がミソになってまして。

これが、ストーリー上、とても効いてるんですよね。


それから、ストーリー的には、ラインが三つあるんです。一つは、“倒置”である部分を見せておいて、そこに向かっていく、という、「敵との対決」のライン。
もう一つは、主人公のプライベートなストーリーで、まぁ、色んなことが上手くいってなくって(要するに、借金)、それをどうするか、という部分。家族との関係や、ギャンブルとかアルコールの依存症とか、そういうのも含めた「プライベートな問題」のライン。
もう一つは、「敵の内部」を暴露していく、という、この作品が“社会派”とか言われてる部分、ですね。


この、最後の“暴露モノ”というのは、実はちゃんとジャンルとしてあるもので、例えば、タバコ業界を扱った、アル・パチーノの「インサイド」とか。
もちろん、ジョージ・クルーニーの「グッドナイト&グッドラック」もそうですね。


で、ま、その三つのラインが上手くお互いに作用しながら、ストーリーをドライヴさせていく、と。
そのストーリー上、主人公がそんなに“凄腕”じゃないところもミソ。というか、ホントにただ振り回されているだけ、みたいな感じですから。「お前何もやってねーだろ」みたいな。
でも、そのダメっぷりが、ラストの決めオチの伏線なんだ、ということなんでしょう。


画としては、黒とブルーを基調にした、この手の作品らしい感じ。アップとか、そういう、“寄り”の画を多用することで緊迫感を出す、という狙いなんだと思います。
舞台はNYなんですが、「NYが舞台です」と強調するようなショットはなかったかなぁ。摩天楼の夜景のショットが繋ぎに入ってたぐらいで。それだけでなくって、画で説明する、というのがそもそもあんまりなかった気がする。そのヘンも、脚本家らしいなぁと思った理由かも。


ちょっと気になったのが、キャスト陣の迫力不足、という部分。ジョージ・クルーニーだけが存在感出し過ぎで、他は、ちょっとシブ過ぎかなぁ。
もちろん、みんな、イイ感じな演技なんですけどね。特に、敵役の女性の人。ワリと有名な人っぽいんだけど(賞とか獲ったみたい)、個人的にはイマイチ。例えば、ジョディ・フォスターとか、どうかな、と。「インサイド・マン」の時みたいな感じで。
この女性というのが、ジョージ・クルーニーを追いつめていく役なんだけど、やや迫力不足。ジョディ・フォスターなら、この手の作品とか、喜んで出そうな気もするけど。なんて、ね。
それから、もう一組の“フィクサー”役の2人。こっちも、どちらもイイ感じなんだけど、と。もっと存在感があっても良かったかなぁ、なんて。

でも、この2人組が、「書類には詳しくないから、見ても判断出来ない」みたいに言うセリフは良かった。真冬の街角で落ち合って密かに話す、というシークエンスで。リアリティあったな、と。



最後に、気になってることを、一つだけ。
夜明けに、丘の中腹で、三頭の馬と向き合う主人公、という、とても美しいシーンがあるんですが、そこの部分を、自分でシナリオを書いた監督は、シナリオになんて書いたんだろうか、と。
ここは、とても気になりますね。


2008年4月28日月曜日

ほほぅ

ミクシィ経由で見つけた、イギリス・ロイターのニュースです。チェック済みの人も多いかも。

ロンドン市民の半数以上が、交際相手と地下鉄で出会っていることが、25日に発表されたオンライン調査の結果で分かった。 

英情報サイトQypeが1カ月間にわたって行った調査では、対象者の51%がロンドンの地下鉄で出会った人とデートした、または電話番号を受け取ったことがあると回答。また回答者のおよそ3分の1が、独身者の出会いの場所であるバーやクラブなどよりも、地下鉄で見掛けた人の方により魅力を感じると答えた。

回答者の9割がほかの通勤者に魅力を感じたことがあるものの、アプローチすることができなかったことも分かった。

愛称「チューブ」で親しまれているロンドンの地下鉄は12路線で構成されており、1日当たり300万人が利用している。


これは、興味を引かれるニュースですよねぇ。「地下鉄好き」な俺としては。



電車の車内って、みんな、ワリと素なワケですよねぇ。クラブとかバーっていうのは、なんとなく“意識して”構えてるっていうのもあるし。男女とも。
お互いにハードルを上げ合っちゃう、という部分はどうしてもありますもんねぇ。


本とか新聞とか読んでる姿って、やっぱり、セクシーだしね。


う~ん。
しかし、9割っつーのは凄い数字だな・・・。


地下鉄は、窓の外が見えない、というのも関係してるよね。どうしても、車内に視線がいきがちだし。
あと、ロンドンの地下鉄は、照明の色が独特だっていうのも関係あるかも。


いや、ないかも・・・。



同じ時間に、同じ方向に、時には同じ目的地に、同じ空間に。

うん。そういう要素っていうのは、確かにあるワケだ。
距離感の近さっていうのも、そうだしね。




しかし、なんつーか、いざストーリーを作ろうとしても、“出会い”が地下鉄って、ネタ的には逆に自由過ぎてアレかもねぇ。
なんつって。


2008年4月24日木曜日

超クールなPVっス

久し振りの更新になってしまいまスた。


マスターズ観たりサッカー観たり、他にもなんかバタバタしちゃってて。


さて。
アルファというグループの「Life is once」というPVが超クール。
モノクロに、24pっぽい感じ。多分イギリスだと思うんだけど、外国の街の通りを歩いてるだけなんだけど、カッコいい。

アングルと、編集と、あと、歌ってる本人たち(3人組)がちゃんと“演技”してる感じがイイです。
撮る側のディレクションがちゃんとしてるんだろうなぁ、と。


YouTubeで観れますんで、是非どうぞ。>>>こちら


今度撮ろうと思って準備中の短編があるんですが、これはホントに、タイムリーに参考になります。

2008年4月16日水曜日

ユニフランスっていうのの会長さん

ユニフランスという、日本でだと「フランス映画際」を主催している、フランスの団体というのがあるんだそうです。フランス映画を各国に紹介するのが目的の公的機関、ということで。
そこの、女性の会長さんのインタビューが新聞に掲載されていたので、ご紹介。


お名前は、マルガレート・メネゴーズさん。
もともとは、プロモーターやキュレーターというより、“ただの”映画プロデューサーだったんだそうです。エリック・ロメールや、プロデューサーと監督を兼ねていたバーベット・シュミットという人たちが作った小さな製作会社に所属していて、今もその会社でプロデューサー業を兼任している、とのことで。


つーことで、“映画プロデューサーとして”の言葉って感じですかね。
ロメールや、他にも巨匠と呼ばれる監督たちとの仕事を振り返って、「偉大な監督とつきあうのはいかにも大変そうだが?」という問いに対して・・・。

「むしろやりやすい。しっかりとしたアイデアがあり、考えがわかりやすいというのが偉大な人たちの常」。
ロメールのシナリオは台詞だけで細かいことが一切書かれていない。作家で映画監督のマルグリット・デュラスに至っては、シナリオすらなく浮んできた言葉を追いかけながら物語を生んでいく。それでも大監督たちの躊躇なき仕事ぶりは決して裏方たちを不安にさせない。
「お金があったら35㍉で撮ろう。なかったら16㍉でも8㍉でもよい。いちばん大切なのは、何を物語るかなのだ」というロメールの口癖は、いまも心に残る。
巨額な予算を使わなくても、彼らの作品は世界中で注目を浴び、芸術性は高く評価されている。

米国では興行成績ばかり取り沙汰されるが、幾らかかったのかの両方を照らし合わせるべきだと思う。


ま、記者が書いた、間接的な文章なワケですが、理念は伝わってくる内容でしょう。



でも、ロメールとか、ほとんど観たことないっス。勉強しまっす。


2008年4月11日金曜日

リアル・オイディプス。もしくは、「父と娘の物語」

ぬぁんと、インドかどっかで、とんでもないことが起きてました。
実の父親と“恋愛”をし、妊娠している、ということらしいんです。

実の父親の子を身ごもる、というのは、例えば「ボルベール」なんかでも題材にされてますが、こちらはそうじゃなくって、マジもんの恋愛だそうで。


自分の父親だっていうのを知らなかった、ということらしいんですけどね。
娘が生まれたばかりの時に両親は離婚し、父親の顔を知らないまま育った、ということで、ある時、父親であるとは知らずに知り合った男が、実は自分の父親だった、と。


まぁ、色んなことがあるお国柄ですから、まだ真偽のアレは分かりませんけどね。
ある意味では、「ボルベール」でもそう描かれていたように、虐待の究極の形でありますから。


しかし、ホントの話だったら、ということで。

「父と娘」の関係って、色んな物語があり得ると思うんですが、なんつーか、“父親の存在”っていうのは、とにかく娘には影響を与えるワケですな。
ま、そう言われてる、という話ですけど。

で、詳細は省くとして、例えば“不在”の場合、“逆の影響力”というか、ま、ファザコンになったり。


インドのその話で言うと、父親が不在のまま育った“娘”が、“父親になってくれそうな男”と出会って恋愛して(まぁ、結婚して)子供を授かったら、そしたら実は“実の父親”だった、と。


分かりやすい例を挙げると、最近小朝師匠と離婚した泰葉さん。離婚した後に「父親を求めてしまった」と。旦那に対して。小朝師匠に対して。
父親っつーのは、つまり、三平さんのことなワケで。

また最近話題になってたりした、沢尻エリカも、きっとそうだと思うんです。あの年齢差の恋愛っていうのは、まぁ、安易な推測ですが、そうじゃないか、と。


まぁ、どんな女性でも、父親というのが必ずいるワケで、家庭内の存在感・影響力の有無や不在うんぬんに関わらず、なんかしらの影響は与えている、と。これは間違いないであろう、と。

ま、フロイト的なアレですけどね。でも、体験的なアレでいうと、まぁ、そんなに大きく間違ってはいないんじゃないかなぁ、という感じじゃないでしょうか。誰もが。

つーか、これはなかなか認めにくいことかもしれませんが、程度の差はあるにしろ、「あらゆる男は皆、マザコンである」ってことで、そこから逆に推測すると、そうなる、と。


つまり、我々男子サイドとしては、彼女の中の“父親像”と、闘うか(そして勝つか)、像の投影をそのまま受け止めて“父親役”となるか、であろう、と。
その“父親像”というのは、場合によっては“理想の男性像”なワケで、しかも“像”ですから、これは非常に手ごわい。

小朝師匠は、その“父親役”をある意味で引き受けることで成立していた結婚生活が、ある時、彼女の“自我の芽生え”じゃないですけど、“父親離れ”が起きてしまって、離婚、と。
高城剛は、いまのところ、うまく行ってるってことでしょうか、ね。



えー、何が言いたいかっていうと、自分でもよく分かんなくなってますが、要するに、「恋愛ドラマを描きたいなぁ」と思ってたりしてるワケです。俺が。


ヒントになったりしませんか?


ダメですか?

2008年4月6日日曜日

「裏切りの闇で眠れ」を観る

日曜日の夕方なのにガラガラだった、新宿武蔵野館にて、「裏切りの闇で眠れ」を観る。
フレンチ・ムーヴィーという事で、「モダン・フィルム・ノワール」と言いたいトコですが、まぁ、“セックス&バイオレンス”を目玉に作られたB級クライム・ムーヴィーという感じでしょうかね。おカネは結構かかってる感じでしたが。
日本でも、ヤクザ映画が(まぁ、Vシネとかですけど)脈々と作り続けられてるように、フランスでもこういう作品の需要があるんだろうな、と。


と、ここまでは若干貶める風に書いてきましたが、個人的には、かなりのツボではありました。
えぇ。良かったですよ。

シナリオと、というか、ストーリーがワリと手の込んだモノになってて、悪く言えば“ややこしい”んですが、段々“オチ”に向かって収束してくる構造は、嫌いじゃないっス。

内容は、ファミリーを仕切る男と、その男の“盟友格”の、インディペンデントで動いている“一匹狼”のヤクザの関係を中心に、まぁ、攻防というか、興亡というか。

やたらと女性の裸ばっかりを見せられるのは、マジで辟易しちゃいますけどね。
登場する女性は、ほとんどが全裸か半チチなんで。


主人公は、「ローマの皇帝」トッティ似の、なかなか雰囲気のある俳優さん。ちょっと胴回りが太過ぎる感じもありますが、まぁ、その辺は“貫禄”ってことで。


映像は、特別なことはしてないんですが、手振れとか、アップの画とか、カット割りとかで、上手に緊迫感を出してて、良かったです。特に、屋外の駐車場で取引をするシーンはグッド。その後の銃撃戦も、ベタっちゃベタなんですが、迫力あったし。


それから、車が沢山出てくるんですが、その車の使い方(撮り方)が、印象的でした。その辺がアメリカ映画とはちょっと違うところかなぁ。
ヨーロッパ車って、どれも、ホントにデザインがカッコいいからね。画になる感じで。
アメリカ映画の車の使い方の巧さとは、また違う感覚のカッコよさがありましたね。

刑務所から釈放されて出てきたら、真っ赤なフェラーリが待ってる、とか、超クール。
ハイウェイを走るベンツ(ヤクザたちがこれに乗ってる)を横から追い抜いて撮っていくショットとか。

このシークエンスではどんな車がカッコいいか、という基準が、ちょっと違うんでしょう。そういう個性はあるなぁ、と。

あとは、マシンガンで惜しげもなくボコボコにしちゃう、とか、ね。そんなんばっかりですけど。



シナリオで特に良かったポイントは、組織のリーダーと“一匹狼”の関係性ですよね。
リーダーは、主人公(一匹狼)を自分の組織に入れたいワケです。後継者として。腕も頭の切れも根性も認めてるからなんですが。「自分の組織には、そういう人間は居ないんだ」と。
後継者としてだと思うんですが、息子が欲しい、という理由でカミさんと喧嘩するシーンもあるし。
で、主人公は、自分の信条を貫く、と。組織になんか入ってられっか、みたいな。


あとは、まぁ、フランス特有の人種構成とか。イスラム教徒がモスクの中に逃げたりして。その辺は、ちょっと欲張り過ぎかも、という感じでしたが。
登場人物が多いのと、その人物たちにいちいちストーリーがあって、その中には、別にどうでもいいのとかもあったりして。まぁ、でも、そういうのも、雰囲気を作る為には必要だったのかもしれませんね。

唐突に「一年後」なんていうスーパーが入ったりするのも、やや苦笑い、でした。時間の経過なんて、もうちょっとオシャレに表現出来るのに、ね。完成してから、プロデューサーとかに「分かりにくい」とか言われて、しょうがねぇから後から付け足したのかもしれません。


ま、そういう感じで。
好みははっきりと分かれるでしょうが、好きな人にはお薦めの作品でした。
俺は、好き。


2008年4月2日水曜日

「俺たちに明日はない」を観る

ご存知、ボニー&クライドの、「俺たちに明日はない」を観る。

ちなみに、「俺と悪魔のブルーズ」に、クライドは出演中です。というより、四苦八苦してる最中。というより、主人公(RJ)を喰ってます。


本題に戻りまして。
まぁ、改めて言うこともないんだけど、ぐらいの感じの傑作ですけど。



なんつーか、アメリカのみならず、世界中に“花粉”を撒き散らした作品ですよねぇ。
この間観た「ドラッグストア・カウボーイ」も、モチーフというか、間違いなく元ネタはこれですし。

ブラピの「ジェシー・ジェイムズの暗殺」もそうでしょう。
ちなみに、今回観て気付いたんですが、この作中に「ジェシー・ジェイムズ」っていうセリフがあるんですよ。「あ、あれのことだ」みたいな。



ま、感想は、こんなもんです。
なんど観ても、いい作品ですな。

2008年4月1日火曜日

「21グラム」を観る

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「21グラム」を観る。

いやぁ、素晴らしい。
傑作。


まず、なにより、映画とは「何かを語る」ためのモノなのだということを、改めて。

そして、「何を」語るのかは、監督自身が掲げないといけないのだ、と。
何を語り、そしてそれを「どう」語るのか。


イニャリトゥ監督は、この作品で、人生、人の命、運命、神と人間、罪を犯すこと、犯した罪の重さと意味、遺された者の苦しみ、赦し、復讐、を、描いています。

人は、いともたやすく、軽く、命を失い、奪われてしまう。しかしそれでも「人生は続く」のか、続かないのか。
続くとして、そこに意味があるのか。意味がなくとも続くのか。
続くとして、そこに価値はあるのか。価値がなくとも続くのか。
否か。


この作品で監督は、「人生は続くのだ」という結末を用意しているワケですが、そもそも、監督自身がその“問い”を受け止められなければ、この作品は成立しないワケです。

作品の深さと、監督のパーソナリティの深さは比例していて、特にこの作品では、それはイコールなんじゃないか、と。
で、そういう“深さ”を備えている人間にしか撮れない作品、語れない物語、というのがあって。
まぁ、そういう作品を傑作と呼ぶんでしょうけど。




いや、なんつーか、時間軸を切り刻むとか、空の色とか、色々書くべき事はあるんでしょうが、その、普通な冷静な感想が書けないんですよねぇ。圧倒されちゃって。
全然褪せてないしねぇ。

とにかく、そんな感じの作品です。
傑作。