2009年1月19日月曜日

「ウーマン・オン・トップ」を観る

バリ・シネで、ペネロペ・クルス主演の「ウーマン・オン・トップ」を観る。

ブラジル出身の女性を演じる、ということで、彼女はスペイン語を話すんですけど、役柄はポルトガル語訛りの英語が、とりあえず超キュート。
というより、とにかくペネロペが輝きまくっている傑作です。


えぇ。
傑作だと思いました。
悶絶ですよ。ペネロペファンとしては。

冒頭、いきなり白目むいてるペネロペにビビりましたが、乗り物酔いが激しい、というワケの分からない(エレベーターにも乗れない)設定に納得したようでよく分かんないまま、ブラジルから、愛する男のたった一度の浮気をきっかけにブチ切れて、サンフランシスコの(結構美人な)ゲイの親友の家に旅立つ、という。

ざっくり言っちゃうと、レストランの“厨房”に押し込められていた彼女の「自分探し」の紆余曲折、ということなんですけど、そういうややこしい話は基本的にはナシ。
ペネロペがカワイくて、それでいいじゃん、という作品ですから。


キーになるポイントが幾つかあって、まずは、料理。ペネロペが凄腕の、オリジナリティ溢れる料理人、という設定になってて、その料理から立ち上る匂いには“魔法がある”ということになってます。
この、料理からたちこめる湯気を、超地味なCGで表現するんですけど、その“加減”がなんかカワイイですね。露骨に色が付いてたりするんじゃないくって、ホントにただの白い湯気で、それがふんわり広がっていく、という感じで。
この“ふんわり感”は、かなりセンスがいい。

もうひとつは、確か「イマンジャ」という呼び名の、海を司る女神がでてくるんですね。
女神の呪いで、魚が獲れなかったり、結局最後までよく分からなかったりするんですけど、2人が結ばれなかったり。
一応、最後に、彼女の料理の“匂い”で、呪いが解ける、みたいなことにはなるんですけど。


あ、途中、料理が作れなくなる、みたいなのは、「魔女の宅急便」の飛べなくなるトコを連想させて、ちょっと微笑ましい感じでした。
黒猫は出てこないんだけど。


それから、ディテールとして、彼女のヘアスタイルが挙げられます。ブワッとしたゴージャズなヘアスタイルは、アメリカではエキゾチックな、という感じなんでしょうかねぇ。
セクシーというか、官能的というか、言葉は悪いけど、より動物的、みたいな。
女性のディレクターが、途中、ペネロペと同じ髪型になってたり、銀座のママみたいな、グッと上げたヘアスタイルが、“洗練された”という表現なんでしょけど、その対極のものとして出てきます。アメリカナイズ、という意味なんでしょうかね。
衣装も、多分そういうニュアンスでチョイスされてるんだと思います。なに着てもカワイイけど。


う~ん。
いや、そんなこんなで、最後は、最愛の恋人と元の鞘に収まり、おそらく彼女の“ヒモ”として、ビーチサイドで歌って踊って暮らす、という結末なんですね。

ま、そんなこんなのストーリーが良いか、ということはさておき。

ペネロペ万歳、と。
そういうことでいいんじゃないんでしょうか。


ペネロペ・クルスという女優さんの素質ありきの、傑作だと思います。


日本でも、こういう作品があるといいな。
変にお色気に振り切り過ぎちゃってスベってる作品って一杯あるし、逆に、オタク需要に節操なく応えるためにワケが分からなくなっちゃう作品っていうのも一杯あるし。


あ、ちなみに、「ウーマン・オン・トップ」ってタイトルは、最初意味分かんなかったんですが、実は、単なる下ネタでした。
この、ギリギリ品の無さと有りの境目をいく感じも、粋で好きです。
人生に「官能」って、必要ですから。男女問わず。人間ですからね。


何度も書きますが、傑作です。是非どうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿