2011年12月31日土曜日

フィクションが現実に凌駕されてしまった年

えー、2011年も終わります。

今年は、このブログはホントにまったく更新できず、つまりそれは、映画を殆ど見ていない、ということでもあるワケで、ホントに後悔の残る形になってしまいました。

原因ははっきりと分かっていて、それはやはり、震災のこと、ですね。



春ぐらいには、そんなに引きずらなくて済むんじゃないだろうか、なんて思ってたりもしたんですが、まぁ、ダメでした。
一応“物語作家”の端くれ(でもないんですけど)として、色々なことを頭の中で考えているうちに、どうにもこうにも浮き上がることができずに、ついに、年末に至る、という…。


作品(シナリオ)も、一応書いてみようとはしていて、実際に書き上げた作品もあったんですが、まぁ、なんていうか、あんまり納得のいく感じにはついにならず、という。

これは、ひょっとしたら年齢のせいかなぁ、とも思うんですが、その、体力というか集中力というか、そういうのが、明らかに落ちてまして。
ダメなんですよねぇ。




ま、グダグダここに言い訳を書いていってもホントにどうしょうもないんですけど。



うん。




改めて書くと、フィクションが「現実の無慈悲さ」に凌駕されてしまったと思うんですね。
NYのツインタワーが崩壊してしまった、あのテロ事件のときも、やっぱりそういうことが言われ、実際に自分も“そういう感覚”に襲われたんですけど、今回の震災とそれ以後、というのは、原発のことも含めて、ホントに色々なことを考えさせる、というか、頭に刺さって、それがずっと残っている、というか。



その、自分がなにか力になりたい、とか、作品を通じて東北にメッセージを、ということでは、全然ありません。
そういうことではなく、ホントに単純に、1人の人間として、俺がこのことを“消化”できていない、という、そういう話です。



実際に「映画を見る気になれない」という感覚もありましたしね。



もちろん、どうすればよいのか、ということも重々承知していて、つまり、この壁を乗り越えるためには、フィクションを書き続けていくしかない、と。
(あくまで、俺は、という話です。他に色々方法論を持っている人はいるワケで、それはそれで、尊重されるべき“覚悟”なハズで、それはそれ、です。)


やっていく、書いていくしかない以上、やるしかないワケですけど。



より強い物語、より強度のある世界観を掲示していかないと、「3.11」以降のこの現実の世界には意味が通らない、という、それは、ある種の命題というか、もはや単なる前提、というか。



自分のスタイルとして、というか、こういう形で書いている人間として、自分が納得していないモノを書いてもしょうがないワケで、そこのトコの覚悟を、年末という、「ひとつの区切り」としてある意味では分かりやすい“ポイント”を、“ピリオド”としてステロタイプ的に利用する形で、改めて自分の肝に銘じよう、と。


うん。

今は、そう思っています。




とにかく、来年は、映画をまたたくさん見たいです。ホントに。



これは偶然のタイミングの一致なんだけど、今年と去年は、本(書籍、雑誌、漫画)にやたらお金と時間を使ってたんですよ。
「週刊江戸」という、いわゆる分冊モノのシリーズを買う為に、毎週本屋に通ってて、それで「いい機会だからな」なんつって、とにかく本を買いまくってたので。

2012年は、もうちょっとそっちの出費を抑えて、映画を、それも、なるべく映画館で映画を観るように、と。


このブログも、更新します。


作品も書きます。


書くだけじゃなくって、撮りたいなぁ、なんていう気持ちもありまして。
ホントは、今年(2011年)に作品を撮ろう、なんて思ってたんですが、ぶっちゃけ、お金がねー。
ボランティア行ったりなんだりで、“在庫”がなくなってしまい…。


とにかく撮る、なんてことで、もう「自作自演」でもいいか、ぐらいの気持ちになってます。
一番単純なスタイル、ね。
自分で出て自分で撮る、みたいな。

もうそのくらいのアレでもいいから、一本作品を形にしないとマズいな、ぐらいの気でいまして…。



えぇ。
焦ってます。



ホントにねぇ。




来年は頑張るぞっ!





グダグダですが、今年の締めは、もうこれで終わります。


あとは来年!




良いお年を!

0 件のコメント:

コメントを投稿