2010年1月29日金曜日

衝撃! シネカノンが・・・

「シネカノン倒産」というニュースが。


帝国データバンクが28日明らかにしたところによると、「フラガール」などの映画を制作・配給したシネカノン(東京都渋谷区)など2社は同日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は2社合計で約47億300万円。
 シネカノンは1989年に創業。韓国映画「シュリ」などの配給や映画館の経営も手掛け、2005年9月期には約34億円の売り上げを計上した。しかし、その後はヒット作に恵まれず、さらに資金調達の支援を受けたジャパン・デジタル・コンテンツ信託の経営行き詰まりなどで、資金繰りが悪化していた。


衝撃。

シネカノンは、ファンドを設立したりとかで(信託云々、というのはそれのこと)、それこそ一時期は「日本映画界の希望」みたいに思ってた会社だったので。
李さんの本とか、何度も読んだしねぇ。


まぁ、「再生法」ってことなんで、“再起”を目指すってことだと思うんだけど。



う~ん。


複雑です。


衝撃かつ複雑。

0 件のコメント:

コメントを投稿