2009年9月28日月曜日

CMプランナー

えー、あいかわらずこのブログは更新が滞ってますが、いま書いてる作品がもう少しで書き上がるので、それが終わったらまた“活性化”するハズなので・・・。



とりあえず今日は、新聞に載ってた、澤本嘉光さんというCMプランナーの方のインタビューを。

澤本さんは、今はソフトバンク・モバイルの“家族”のシリーズを手掛けているんだそうです。
まぁ、超人気CMですよねぇ。
上戸彩はめちゃめちゃカワイイし、樋口可南子の美人ママも最高ですよねぇ。文字通り「美女と野獣」夫婦で。


いや、それはさておき。
以下、記事からの引用でっす。


課題が与えられ、予算や時間が限られる広告づくり。100の案を出しても通らなかったことも。だが、面白い作品づくりには、その制約が欠かせない。
「フリーでシュートする方がよほど難しい。パズルを解いているみたいなものです」
アイデアのヒントは日常生活の中にある。電車の中では路線図で勝手に双六ゲームをして、止まった駅で適当に話を作ってみたり、乗り合わせた人の物語を考えてみたり。
散歩をして神社に立ち寄ったり、木や草に触れたりすることで、気持ちをリセット。新しいアイデアは家族に話して反応をみる。
「独善的にならず、他人の意見に耳を傾けて、修正していく」


にゃるほどねぇ。


「フリーでシュートする方が難しい」と。
「スラムダンク」ですね。

色々な制約が課せられる世界なんだけど、逆にその制約を“バネ”にして高く跳躍していく、と。
そういうことですな。




というワケで、サラッとですが、今日はこのくらいで。
でわ。

0 件のコメント:

コメントを投稿