2009年5月9日土曜日

今週の「スジナシ」

今週の「スジナシ」は、佐藤隆太。


ま、スターですよね。いまや。佐藤隆太と言えば。

で、設定は「八畳一間のアパート」。学生の一人暮らし、みたいなイメージで、最初の設定も佐藤隆太が最初に部屋にいて、鶴瓶がそこに入ってくる、と。
当然「佐藤隆太の部屋」となると思いきや、最初からそれを裏切って、「違う」と。
これは面白い。

で、巡り巡って、お人よしの空き巣同士、という。
この、なかば偶然行き着いてしまった「2人の空き巣」というストーリーは、普通にひとつのストーリーとして面白いですよね。


2人の会話からすると、佐藤隆太は先に「空き巣」って決めてて、そのアクションを勘違いして受け取って鶴瓶は「借金取り」で行こう、ということにしたみたいっスね。


「2人の空き巣」。
前科二犯のオッサンと、若い初心者が、偶然同じ現場で出くわしてしまう、と。
う~ん。
面白い。



あと、これは普通に面白かったんですけど、即興で「即興で演じてる」演技をしてるんですね。
鶴瓶は「借金取りの演技をしている空き巣」、佐藤隆太は「部屋の主を演じている空き巣」。
ま、ストーリーの面白さとは関係ない部分ですけど。


で、佐藤隆太の表現力は、やっぱり上手。
いつも一緒なんだけどね。
でも、“スター”だから、それでいいんです。いつも、「いつもの佐藤隆太」でやってれば。

本人は、自分が主体的に仕掛けていく、という演技じゃなかった、という点をひたすら反省してますけど、でも、全然いいですよねぇ。リアクションの良さ、レスポンスの質の高さと速さだって、演技力の高さの証明ですから。
(ちなみに、鶴瓶の評価は全然違いますね。鶴瓶は佐藤隆太の“仕掛け”に自分が合わせた、という口ぶりですね)


でも、口の中のやり取りは余計かなぁ。

最後の取っ組み合いは、最高。
素晴らしいオチ(結末)だと思います。


うん。

0 件のコメント:

コメントを投稿