2009年3月26日木曜日

掌編「パフェとケーキ」

今月はずっと、シナリオを書いてまして。
コンクールに応募するための作品を。


で。
このブログの更新が全然できてない、と。映画を観てないので。
要するに、ネタ切れってことなんですけどね。


で、あんまりブログをほっておくのも良くねーだろ、ということで、すげー昔に書いた、掌編のシナリオでも載っけておこうか、と。
掌編というより、“スケッチ”って感じですかね。ワンシーンを切り取っただけ、みたいなアレです。

タイトルは「パフェとケーキ」


○マンションの一室
  男と女、二人で暮らしているマンション。
  夏。二人は結婚している。子供はいない。
  ダイニングキッチンには明かりがついていなくて、
  洗面所と、他の部屋からの明かりが漏れている。
  仕事から帰ってきた女が、玄関からダイニングに入ってくる。疲れた顔。
女「(疲れた声で、部屋を見渡して)ただいま…」
  ソファに、体を投げ出すようにドサッと腰を下ろす女。フーッと大きく息をつく。
  男が風呂から上がってくる。バスタオルを腰に巻いただけの男。
男「ん、お帰り。今?」
女「うん。ただいま…」
男「遅かったな…」
  冷蔵庫を開ける男。
女「うん、ちょっとトラブルあって…。怒られちゃった」
  中から缶ビールを出し、もう一つのチェアに腰掛け、プシュッと缶を開ける。
男「疲れてんな、顔が…」
女「うん。疲れてるもん」
  ビールに口をつける男。
女「…」
男「…顔洗ってこいよ…」
  頷いて、ゆっくり立ち上がる女。

○ファミレスの店内・客席
  Tシャツに半パンという格好の女が一人で座っている。
  店員が、大きなフルーツパフェとチーズケーキを持ってくる。
  嬉しそうな女の表情。無邪気にパフェに喜ぶ感情が、大人の顔の下に見える。

○同・トイレ
  用を足していた男。風呂上りで髪はまだ濡れている。手を洗いながら欠伸をする。

○同・客席
  向かい側に置かれたチーズケーキの皿を、
  自分のパフェの隣に引っ張ってくる女。
  男が席に戻ってくる。欠伸で涙目。女の向かい側の席に戻ろうとするが、
  反対側に二つ並んでいることに気付く。
  笑って、自分の隣をポンと叩く女。
  女がシートの端に体をずらし、笑いながらその横に座る男。
  × × ×
  パフェとケーキを食べている二人。

○歩道
  ファミレスから帰っていく道。男はポケットに手を突っ込んで、女はその少し後ろを
  歩いている。
  立ち止まる女。気付いて、振り向く男。
  手を差し出す女。片方の手をポケットから出して、女の方へ伸ばす。
  手を繋いで深夜の歩道を歩いていく二人。

ま、こんだけのアレです。


ちょうどこれを書いた頃、妊娠が分かった夫婦というテーマで、「ケーキふた箱」という短編を撮ったんですね。
で、その同じ夫婦で思いついたアイデアが幾つかあって、それの一つです。確か。


ワリと、「今の自分」にはない感覚だよな、という感じなんですよねぇ。



ということで、今日はネタ切れ対策でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿