2008年6月13日金曜日

「希望の国のエクソダス」を読んだ

インターネットの“内側”をどう描写しているのか、という部分を勉強しようと思い、村上龍の「希望の国のエクソダス」という本を読んでみました。


普通に面白かったんですが、ま、参考にしようとしてた部分は、そんなに描かれてませんでしたね。
「ウェブが世界をどう変えるか」が描かれているワケですが(もちろん、メインのテーマではありません)、“ウェブ自体”をどう表現するか、という部分に一番の関心があったので。


まぁ、表現しようがないってアレでもあるしね・・・。


ま、面白い小説ではあったので、“損した”感は全くありませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿