2008年5月25日日曜日

そういえば

そういえば、今週の「CBSドキュメント」に、デニス・クエイドが出てまして。


彼は、結婚して、子供が欲しかったんですが、奥さんとの間にはなかなか出来ず、代理出産という方法で、双子の赤ちゃんを授かったんだそうです。


で、その赤ちゃんが2人と体調を崩して、病院に入院させたら、そこで医療過誤が起きてしまい、生死をさまようことになってしまった、と。
幸いにして、赤ちゃんは2人とも快復し、無事に成長してるらしいんですが。


デニス・クエイドといえば、スターですからね。


医療過誤を無くすための活動をする財団を立ち上げる、ということですけど、病院モノっていうのは、「ER」に限らず、人間を描き出すドラマの定番でもあるワケで。


この、彼の個人的な体験が、いつか、“社会派”な作品として昇華されるんじゃないか、と。


ま、分かんないスけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿